潮紗理菜(なっちょ)が聖母と呼ばれる理由【ひらがなけやき坂46】

『ひらがなけやきの聖母』

そう呼ばれているのがこの人、潮紗理菜。

 

彼女はなぜ聖母と呼ばれるようになったのか

その理由は、彼女の全てを包み込むような優しさにあります

 

仲良しメンバーのみーぱん(佐々木美玲)はラジオでこう語っていました

世界一優しい人間なんじゃないかってぐらい

何かあっても『全部私が悪いの』って言ってて

『あぁーなっちょー!!』って抱きしめたくなります

 

その言葉通り、欅って書けない?の『ひらがな新年会』では
催眠術が怖くて泣いてしまったみーぱんにすぐに駆け寄って慰めてあげたり

 

握手会で井口眞緒が体調を崩してしまって
ファンからの祝花の写真を撮れなかった時も
代わりに一緒に写真を撮ってあげたり

とにかく優しい性格なんです

 

新成人メンバーの大人度をチェックする企画では
澤部さんの食事の誘いをどう断るか?
というチャレンジに挑戦するも…

相手を気遣うあまり断りきれずに失格。笑

『変な男に引っかかりそう』と心配されてしまっていました

 

つい先日のひらがな推しでも

『運勢19位だったらひらがなけやき辞めちゃうかも…』

と言った富田鈴花を、隣の高瀬愛奈を押しのけてまで止めに入ったり

結果18位で崩れ落ちる富田鈴花を慰める場面もありました

 

 

というわけで

潮紗理菜が聖母たるゆえんをわかっていただけたでしょうか?

とにかく心優しくて思いやりのある子と覚えてもらえたら嬉しいです!

握手も神対応なので、気になった方は是非握手券を購入してみてください!

 

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です